プロフィール


本部 直子(ほんべ なおこ)

京都生まれ。ライフコーチ

 高校卒業後、アルバイト、派遣社員、会社員を経て建築内装事業に約6年従事する。

この時に自分自身の健康管理がうまくいかず、身体も物事も不調続きだったことから、当時のカイロプラクティック(現:エネルギーコーチング)に出会い、いつの間にか、やりたかったことや夢を叶えられている自分になっていたことに気付く。

かつての私が変われたように「(ホンマかどうかやってみようかな?)」と必要とする人に「生きる喜び、希望で満たせられるよう、貢献していきたい」と思い、サポートをしていくにあたって必要な技術・知識や(生き方あり方を含む)資質といったことを経験を通して10年以上にわたって学んできており、その内、治療院にてセラピストとして約5年勤務後、いくつかのリラクゼーションサロン勤務を経て2015年に独立。

 

経歴・学び

2009年 ライフ・オルタナティブメディスン・カレッジ 基礎課程 修了

ライフエネルギーコーチング先駆者の三上氏の元で学ぶ。

 

【2011年夏頃~2012年にかけて】

世界的に有名な講師のセミナーでファシリテーターを務め、チームとしての成功に貢献する。


趣味 DVD鑑賞、読書、散歩 基本的に身体を動かすことが好きです
特技 物事の本質を見抜くこと
休日の過ごし方 日常のお買い物、ジム、掃除など、基本的にやりたいことをその時にやる
自分の魅力
  • 物事にとらわれていることが少ないらしい
  • 予測がつきにくく、とにかく面白いらしい
  • 嫌われる勇気を持っているよう
  • 媚びを売らない
  • ストイック
  • 自分に忠実
  • お腹がすくと不機嫌(笑)
  • 仕事以外では割と抜けているコトが多く、どんくさいようです
  • 割と毒舌?


常にあった不調や疑問

子供の頃は活発な面も持ち合わせながら、人との関わりが煩わしく「私は私」と、友人とあまりつるむことなく割と一人で過ごしがちでした。

 

高校生の頃になると、「私は何のためにここに存在し、生まれきたのか?」と、ふとした瞬間に思うようになり、倫理の授業があったことから、倫理・哲学に興味を持つようになりました。

 

高校卒業後も何がしたいか解ってはおらず、アルバイトや派遣、会社員などを経て、やりがいを求めて建築内装事業に就きましたが、仕事がハードワークで面白い反面、何か物足りない…なんとなくつまらない…というような感じで、プライベートとのバランスが取れず、頭痛・吐き気・花粉症のような鼻炎・目のかゆみや痛みなど、酷いアレルギー症状とうつ状態に陥っていました。


エネルギーコーチングとの出会い

25~26歳頃、うつ状態のピークで「生きていること・存在していること」さえ嫌でしょうがないと思う反面、そのように感じている自分をどうにかしたいと思いで、さんざん探した挙句、紹介でカイロプラクティック、現在のエネルギーコーチングに出会いました。

行って試してみたものの、最初はとても信じられず、突っかかっている私がいました。

通ってみたら

私:「私は身体の調子をどうにかしたくてこちらに来たわけじゃないんです。ここに自分がいることさえ嫌だと思っている自分をどうにかしたくてここに来てみたんです」

 

Dr:「言っていることは解りますが、それに対応しようと思ったら順序がある。まずは続けてみて?!それに対応できる時がきたらそのまま伝えますから!!」

 

と、こんな感じで始まり、毎回「えっ?!これで終わり?!」と、いうほど拍子抜けするほど信じられず、正直、バカにするほどでした。

でも継続していくうちに、その時々のストレスに対応できている自分がいて、ある時、大きな転機となる決意とチャレンジがやってきました。


答えや気付きとチャレンジ

それまでもチャレンジの連続だったのですが、大きな仕事を任されることになり、男性でも出来ないと嫌がる仕事を毎日、怒りながら(笑)、奮闘しつつも半年くらいたった頃に、ふと「自分のやりたいことをしよう!」と、決めることができたのです。

その4ヶ月後、やり遂げて退職し、気付けば、やりたかった島での暮らしをを、西表で熱帯果樹の農業という形で叶えていました。

自分でも思ってもいなかった結果を得られる自分になれていること、何よりも「自分自身であること」を取り戻していました。

 

移住後、西表で熱帯果樹の農業を叶えるも、私の周りの人たちは充実してるようには感じられず「私の周りの人も自分で自分を満たせられるよう、そのサポートがしたい」と想い、エネルギーコーチングに必要な勉強をするため、再び京都へ帰ることにし、本格的な学びを始めました。


エネルギーコーチングの本格的な学び

エネルギーコーチングの本格的な学びを始めてから楽しいことばかりではありませんでした。

 

どちらかというと上手くいかない自分に苛立ちを感じたり、紆余曲折しながらも、主にカイロプラクティック治療院でセラピストとして経験を積み、同時に様々な心理学のセミナーを受け、技術ややり方などを学び、さまざまな経験を通じた人との関わりで「自分の枠を超えていく」自分に出会えたり、 面白さを知ったり、影響を与えることが出来たりと、今思えば不思議で面白い経験が出来ていました。

そして、今もなお奮闘する毎日を送っています。



なぜ私がどういう想いでこれをしているか?

  • <ミッションから>
自分自身であることを表現し、「より良い生き方で、あなたの生(活)きる力を最大限に発揮できるよう、本質を引き出していくことで、必要とするあなたの力になりたい、貢献する(したい)」という想い。 私が経験してきたように人が変わっていくプロセス程、人が持つ力に「わぉ!」と未知の可能性に驚かされる(=これを私は面白いと感じる)ものはない、と感じています。そして、あなたの人生のその一部にでも私が関われること、奮闘して共有し、共に創造していくこと、分かち合うことに、私の最大の喜びがあり、意義のあることだからです。そして、 それが思ってもいなかった想像をはるかに超える結果を招くことも可能だと知っているからです。どんな結果かは私にも解りませんが!(笑)
  • <分かち合いたいから>
あなたの喜び・感動や「嬉しいっ!」「面白い!」と思える経験などを分かち合いたいからです。
  •  <誇れるもの(こと)だから>
簡単で楽ではないことに挑戦したくなるからです。
あなたでしたら「簡単」(というと語弊があるかもしれませんが)にすぐ出来ることをチャレンジしたい!やってみたい!と思うでしょうか?答えとしてはおそらくNOではないでしょうか?!
なぜなら(私の場合は)「出来る」という事を知っていて、何となく想像がつくからです!簡単(楽)ではないけど、大変なことって、後で振り返ると印象に残って、大変だったけど面白かったなー!ってなると思いませんか?
それと同じで、一言でいえば大変でも奮闘することもそれが面白いからです。

これからも私自身、学び・進化し続け、皆様の力となるよう全力でサポートしていきます。

私がどんな感じの人なのかイベントなどを利用して会って確かめに来て頂けたら嬉しいです!

どうぞ末永くよろしくお願いいたします。